スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はまった

「宇宙兄弟」を全巻大人買いしました。
お店の休憩時間に読んでいるので内容は知っているのですが
何度も読みたくなった&家族にも読んでほしいので!

宇宙もの漫画では「ふたつのスピカ」も大好きですが
「宇宙兄弟」も大好きになりました。
はー、いつか宇宙に行ってみたいです。
スポンサーサイト

ファンタジア

今月の富士見ファンタジア文庫は祝日の関係で明日発売なのですねー。
今日、先行分が入荷しました。

「フルメタル・パニック」の新刊が出ましたねー。
先月の新刊「生徒会の八方」よりも初回入荷数多いですぞ。
前巻出たのが2年くらい前…?
新刊出たのをアピールしなきゃいかんね。

それにしても、富士見ファンタジア文庫では一番の入荷数ですね。
電撃文庫の「とある魔術の禁書目録」よりも入荷数多いです。
まあ、自分がライトノベル担当になって一番初回入荷が多かったのは
「涼宮ハルヒの分裂」ですが。
ラノベ担当になりたての頃で、その量に愕然としましたけど。
でも、あの冊数売れたんだから恐ろしい…。
新刊いつ出るんですかねー。

■最近読んだ面白い本(コミック)
少年画報社から出ている平野耕太さんの「ドリフターズ」。
「ヘルシング」とか「以下略」とかで有名な作家さんですねー。
買うつもりなかったのに買ってしまいましたよ。
面白いんですものー。
内容全然知らなかったので歴史上の人物が登場人物で驚きました。

■最近読んだ面白い本その2(コミック)
エンターブレインから出ている笠井スイさんの「ジゼル・アラン」。
表紙にひかれて読んでみたら面白かったですー。
そして、同時にやばいと思いました。
案の定、発売日当日に売り切れ…。
新人作家さんだったのであまり数仕入れなかったのですよ…。
追加注文急いで出したけど入ってこないだろうなー。
うーむ、重版分の注文数どうしようかな。

■最近読んだ面白い本その3(ライトノベル文庫)
PHP研究所から出ている静川龍宗さんの「うちのメイドは不定形」。
PHPがライトノベルの新レーベル、スマッシュ文庫をたちあげて初のヒット作と思われ。
PHPの何とか文庫(すみません。スマッシュというレーベル名を覚えてませんでしたー)なのにこれ売れてるけど何ー?!
という感じで興味をひかれて読んでみたら面白かった次第です。
クトゥルフ神話を下敷きにしたハートフルコメディ。
「ニャル子さん」の二番煎じといわれれば、そうかもしれませんが
こっちの方が自分的には面白かったです。
続刊の発売が決まっそうなのでそれも楽しみです。

気付かんかったのかーい

いつの間にやら「DOGS」の5巻が出ていました。
お客さんのレジ打っていて気付きましたよ。
…先週発売してんじゃん!
青年コミックコーナーってあまり見ないからな~
いや、朝の掃除のときに目の前通ってるんだけどな。

で、自分が何の漫画を買っていたか、
忘れないようにここらで思い返してみましょう。

■アスキー・メディアワークス
「よつばと!」
■角川書店
「黒鷺死体宅配便」
「ケロロ軍曹」
「こばと」
「新世紀エヴァンゲリオン」
「多重人格探偵サイコ」
■講談社
「xxxHOLiC」
「おおきく振りかぶって」
「もやしもん」
「ラブやん」
■集英社
「DOGS」
「ピューと吹くジャガー」
「ローゼンメイデン」
■新潮社
「エンジェル・ハート」
■白泉社
「なんて素敵にジャパネスク人妻編」
「ベルセルク」
■双葉社
「クレヨンしんちゃん」

こんなもんかな。
角川系が多いのはやはりオタクだからか…。

オーノー

4月から仕事のシフトが変わるみたいです。
土日休みよ、さらば。
友達と遊べる日も減ってしまうのか…。

担当が変わる人もいるようです。
自分は相変わらずラノベと角川系・スクエニ系コミック・攻略本担当のままみたいですが。
うーん、他の階の方がうちの階に来るようで仲良くできるか不安です。
韓流ドラマやジャニーズ大好きな方々なので話合わなそー。
ん、まあまだ確定ではないので気にしないでおこう。


では、1月から始まったアニメ化コミック(角川系・スクエニ系)を振り返りますー。

「デュラララ!」コミックが年末に出ていますね。
同じスクエニから出ている「とある魔術の~」とか「文学少女~」と比べると
発売当初は動きが悪かったです…
が、アニメ始まったとたん動く動くー。
アニメ化恐るべし、です。

「はなまる幼稚園」
ほどほどに売れてます。
アニメ化以後追加注文出したのは1巻だけであとは放置。
でも、売切れてないですし。
すみません、あまり気合い入れて売ってませんね。

「おもまりひまり」漫画ではよくパンチラしていた記憶がありますが(表紙からして…)
アニメでもそうなんですかねー。
成人漫画を描いていた作者さんなので
エロいのはしょうがないと割り切りましょう。
といか、そこが売りなのか!
もとから売れていた作品なのでアニメ化でどーんと売れたという、感じではないですね。
富士見ファンタジア文庫のノベライズ作品もそこそこ売れているといった感じです。


4月から始まるアニメ化コミックは…
「荒川アンダーザブリッジ」、「WORKING!」、「一騎当千」…
あと、今月の新刊で出るスクエニの作品「HEROMAN」があったな。
これはアニメが原作か。
あれ、角川系コミックは??
ラノベでも角川系がないし…(「デュラララ!」が2クールやるようですが。ホント?)。
どうなる売り上げ前年比。

4月アニメ化作品では「荒川」に期待。
「聖☆お兄さん」の人が描いているし、アニメ監督新房さんで、シャフト制作だし。
「聖☆お兄さん」並に売れてほしいですなー。
新刊売上比で行くと1対5ぐらいの差がありますからね…。

今期のアニメ化作品を振り返る(ラノベ)

自分(本屋勤務)の担当している棚のアニメ化作品を振り返ります。

1月から始まったアニメ化作品…
ラノベは「バカとテストと召喚獣」、「デュラララ!」、「れでぃ×ばと!」、「刀語」かな。

いちばん売れているのは、やはり「バカテス」です。
期待大だったので多めに仕入れましたー。
期待通り売れてくれてありがとうございます、です。
先週出た新刊も動きが良くて追加頼まないといけないかもしれません。
ラノベで新刊100冊以上仕入れるのって、「バカテス」位かも…。
アニメ映像を店で流しているのですが
時々大塚明夫さんの声が聞こえて嬉しくなっちゃいます。

次に売れているのは「デュラララ!」。
声優に女性に人気のある方を多数使っているということなので
腐女子さんに売れるかなー、と思っていましたが。
売れたね!
急いで追加注文出しましたから(しかし、その注文が事故って入荷しなくて再注文する羽目に)。
1巻を買っていくのは圧倒的に女性が多いです。
1巻が売切れていたときに買いに来た女子高生二人組の憤慨っぷりがめっちゃ怖かったです。

「れでぃ×ばと」はAT-Xの放送なのであまり売り上げを期待してなかったので(失礼)
そんなに仕入れていなかったですが、やはりそんなに仕入れなくてよかったという結果でした。
売れてはいるんですけどね(なんていったって電撃ブランド)。
「バカテス」や「デュラララ」と比べると…。

「刀語」は月1放送の大河アニメ。
同じ作者の「化物語」はすごく売れましたけどねー。
というか「化」の方が「刀」より今でも売り上げがいいかも…。
1年間の放送ですから気長に売っていきましょう。


さて…4月からのラノベ原作アニメって何があったかな?
「迷い猫オーバーラン」、「いちばんうしろの大魔王」と…
……これだけ?


次回はコミック(角川系・スクエニ系)を振り返ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。